つりっく .com

アクセスカウンタ

zoom RSS リベンジ釣行とイカ菌に・・・

<<   作成日時 : 2006/12/04 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

ボウズ・・・。
このままじゃ、終われん!

日時:12月3日(日)
場所:西湘某所
狙い:アオリイカ
同行者:栗ちゃん

「もしもし、海?」
「家だよ」
「ボウズのリベンジに行くけど」
「俺も行こうと思ってた」

ってことで、しゅっぱーーーつ!

21時15分、先行でおいらだけ釣り開始。
21時50分、干潮。

波もなく、すっかり下げてる。
昨日と、同じだ。(まずい)
遅くても、0時には帰んないとだよ。

まずは、乗せないダート。
ボロボロになった、オレンジのアオラ。

ジャカジャカジャカ。

扇型に、一通りさぐる。
おし、乗せに入るか。

ピュッ、ピュッ。
ピュッ、ピュッ。

カツン。

キタ━━━━(゚∇゚)━━━━ !!!!!(21:30)
 <コ:彡  <コ:彡  <コ:彡

くぃーんくぃーん。

画像




















なははは、やったで〜。
速攻、げっちゅ!
ありがとよ、ありがと。

「いえいえ、どういたしまして。
 寒い中、来てくれたんだもん。
 やさしくリリースしてね」

・・・。

ごめんなー、今日はお持ち帰りするだよ。
干しイカ作って、食べるだよ。

「え゛ーっ、聞いてないよーーっ」

釣れたら、すぐエギ交換。

なんで?

「あーっ、仲間が釣られたー。
 あのオレンジのちょっと太ったエギに気をつけろー」

って、イカが言ってるような気がするんで、
毎回そんな事してるんよ。

変?

まだ墨付けしてない、クリックスに交換。(向こうの護岸に、栗ちゃん到着)
2段シャクリで、テンションフォール。

キタ━━━━(゚∇゚)━━━━ !!!!!(22:03)
 <コ:彡  <コ:彡  <コ:彡

くぃーんくぃーん。

画像



















さっきより、型がいいな。
練習がてら、タモ使っちゃおーっと。
500gくらいだの。

ん?

あんだよ、このタモ捌き見てないじゃん。
かれこれ、20分くらい竿を出さない栗ちゃん。
このままここで釣ってたら、イカ全部居なくなっちゃうしな。
昨夜のリベンジは出来たし、護岸の栗ちゃんのもとへ。

おっこらしょっと。
ぴょんぴょんと、テトラを軽快に跳ねるオイラ。

「2杯、上げたよ」
「いつ?」
「栗ちゃん、来てからだよ」

今夜SHIMANOの、ニューロッドでお出ましの栗ちゃん。

「インナー初めてだから、糸の通し方わかんねぇーよ」
「先から入れるんだか、元から入れるんだか・・・」
「ワイヤー途中で、引っ掛かってよ・・・」

とっても気が短い、栗ちゃん。

「家で、通してくれば良かった」

次回は、そうしてください。

ヤエンもエギも、まーったくアタリなし。
上げ始めるまで、辛抱だに。

ん?
根掛りかよ。

ん?
なんか、付いてるな。
藻か、タコか?

「おうっ、エギが付いてるぞ。おうっ、2個付いてる。
 おうっ、3個付いてる」

ライトで照らして、栗ちゃんが叫んどる。
それを、一個ずつ回収するオイラ。
これじゃ、沖のイカ釣りじゃん。


画像



















アオラは、オイラの。
新品のクリックスだ。
なははは、もうけもうけ。

日曜の深夜。
釣り場にいるのは、3人。

ん、3人?

護岸の真ん中に、栗ちゃんのヤエンの師匠がいるらしい。

相変わらず、アタリなし。
リベンジは済んだし、1時には帰りたいの〜。
だんだん、寒くなってきたし〜。

「今日も忙しいから、3時には帰るよ」と栗ちゃん。
「師匠に付きあったら、死ぬよ」と栗ちゃん。

今年の春、栗ちゃんと西伊豆へ。
徹夜で釣りして、朝ナポリへ。
おいらは、ここで帰還。
栗ちゃんは、ナポリから西湘某所へ。
そこで、ヤエンの師匠と出会う。
ここから、再度ナポリへ。
2晩徹夜して、死に掛けた思いでの釣行。
        ↓
http://tsulick.at.webry.info/200606/article_4.html
http://tsulick.at.webry.info/theme/3099879db6.html

なんで、3時には帰ると自分に言い聞かせてるんね。
つーか、おいらは1時で・・・。

寒い。
釣れない。
頼む、栗ちゃん釣ってくり〜。
そしたら、おいらは先に帰ります。

ヤエン師匠のリールが、ジージー鳴ってる。
見ると、遥か高台にヘッドランプの灯が見える。(釣り座から、離れてる)
帰るの?

しばらくすると、近づいてきた。
「今、この時期ではありえないサイズが掛かったよ。
 糸を沖まで出された。」

でね、糸の角度が鈍角になり過ぎて、ヤエンが滑らない。
ほいで、高台に上がってヤエンを投入したらしい。
結局、バレたんだけどね。

なぬ〜、ありえないサイズっ!
やべっ、スイッチが入ってしまった。
時計を見ると、2時50分。
もう、なるようになっちまえーーっ。

ヤエン師匠の元へ集合。

本気モード、突入!

ヒュンヒュン、ジャカジャカ。

鼻水ジュルジュル。
手袋が、ティッシュ代わりになっちょる。

・・・。

駄目だ・・・。

もう、帰ろう。
栗ちゃんも、救出しなきゃね。
今夜も捕まっちゃったら、大変だもな。

「ほんじゃ、最後の一投」
と、二人に聞こえるよう大きな声で宣言。

「おーし、撤収!栗ちゃん、帰ろう」
「後2匹、アジ残ってる」

なにーーーーーーっ!

まだ、やんのかよ。
今日、忙しいって言ってたじゃんかよ。( ̄ヘ ̄メ)オラオラー!
知らねぇーぞ、後悔すんぞ。

3時30分、おいらだけ撤収!



釣果:アオリイカ・・・・・・・・・・・ 2杯(お持ち帰り)



*ヤエン師匠とは

・東京に住んでるらしい。
・タックルは、釣り場近くの釣具屋に置いてある。
・電車で来て、土日海で野宿して釣りまくり。
・かといって、寝袋もないしテントもない???

病んでる、犯されてる、恐ろしい。
この親父の、年末釣行がすごい。

まず
ヤエン釣りする→朝船で、鬼カサゴ釣り→夜ヤエン釣り
→朝また、鬼カサゴ→夜ヤエン釣り

大みそかの晩に、釣具屋のおばさんやら、
ヤエン仲間が集まって、鬼カサゴのシャブシャブをやるらしい。
もちろん、この釣り場で。

そして、この間宿には泊まらないらしい。
うんうん頷き(うなづき)ながら、そんな恐ろしい話を
聞いてる栗ちゃん。

この人達は、イカ菌に犯されてる・・・。
おいらなんか、じぇんじぇん普通人。

一緒にいたら、おいらが危ない。
逃げるように、エンジンをかける。

外気温計は、7度を指してた・・・。




←訪問ありがとうございます。
ランキングに参加してます。宜しかったら、クリックお願い致します。
(^−^)ノありがと!


































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
捕まっちまった。
自分の餌を使い切ったら、鯵あるよだって持ってくるんだもん。
7時30の撤収となったよ。

あの後、師匠の竿に2回アタリが有るも、姿見ず。
俺、一度もアタリ無し。
ガックシ(泣)
くりやま@KTD
2006/12/05 09:29
大爆笑!
病気のヤエン師・・・
凄過ぎ、おもしろ過ぎ!!
って私も師匠に・・・
そう思われてるかも!

つりっくさんも立派に病的ヤエン師の仲間だと思いますよ(笑)

OYAJIさん!「鯵あるよ」って持ってきた時は
嬉しいやら・・・迷惑やら
複雑な心境だった事でしょう。
しんパパ
2006/12/05 12:25
くりやま@KTDさんへ

7時30分で、開放?
早かったじゃん。
アタリなしかー。
ここんとこ、朝マズメは駄目っぽいね。
10日の、釣り大会はヤバイかもよ。
---------------------------------
しんパパさんへ

え゛ーっ、しんパパさんも犯されてるん?
空気感染、大丈夫かな?
ブログから、伝染しないよね。(笑)

おいらは未だ、釣りバカで納まってますから。
納まってますから・・・。
から・・・。

しっかし、栗ちゃんってば。
おいら翌日、1時間完全に寝てましたから。
管理人@つりっく.com
2006/12/06 01:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
リベンジ釣行とイカ菌に・・・ つりっく .com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる